OCTOPUZ JBMパワーパック

OCTOPUZ JBMパワーパックとは・・・

OCTOPUZ JBMパワーパックは、ロボティクスアプリケーション「OCTOPUZ」の機能を更に強化するJBMオリジナルソフトウェアです。

 

OCTOPUZの機能を強化

OCTOPUZ JBMパワーパックにはOCTOPUZの機能を更に強化する次のような機能が含まれています。

・APTインポート
・Mastercamリンク
・JBM Updater
・OctpathView
・JBM eカタログ
・その他ユーティリティツール


Mastercamリンク

JBM Updater

OctpathView

OctpathView

パスポイント最適化
CAMから出力されたツールパスポイントを効率的に間引き、出力されるデータを縮小します。また、連続する複数のパスポイントを単一の3D円弧へ変換しますのでロボットの速度が均一化され、動作がスムーズになります。
指定した区間のみ最適化することもできます。


 

 

パスポイント編集
個別のパスポイントを自由に編集することができますのでパスポイントの変更や修正を行いたい場合でもCAMソフトまで戻って修正する必要はありません。
先端工具の傾斜角、送り速度も簡単に編集できます。
指定した区間のみ一括編集することもできます。

 

パスオフセット
パスを先端工具の軸方向へオフセットします。
これにより先端工具の原点設定を変更したい場合でもCAMソフトまで戻って修正する必要はありません。
また、製品加工前のテストランでパスの動作を確認することにも役立ちます。
指定した区間のみオフセットすることもできます。

 

送り速度オーバーライド
指定した区間の送り速度を簡単に変更できます。
変更したい送り速度の上限と下限を指定し、その範囲内だけを一括変更することもできます。

 

パスポイント補間
指定した区間のXYZ-IJK補間ができます。
指定区間の移動を平均化することでスムーズに移動するようにしたり、先端工具の傾斜角度をスムーズに変化させるようにすることができます。

 

パスポイント分割
指定した2点のパスポイントの間を分割できます。
分割されたパスポイントは個別に編集が可能なため、干渉を避けたり先端工具の傾斜角を変更したりすることができます。

 

モデリング
DXFデータから読み込まれた2D輪郭形状を押し出し機能で3Dモデル化できます。
また、立方体や球体のような定形パターンの3Dモデルはパラメータ入力だけで簡単に作成できます。

ここで作成された3DモデルはそのままOCTOPUZで読み込むことができます。
OCTOPUZの「エッジフォロー」機能を使用すればCAM要らずでパスの作成が完了します。

 

JBM eカタログ

お客様から寄せられた「こんなロボットに対応して欲しい」や「こんなエンドエフェクタを使いたい」というご要望を「JBM eカタログ」という形で実現致しました。
お客様からご要望頂いたロボットや各種コンポーネントの3Dモデルを弊社が独自に作成し、OCTOPUZをお使いのユーザー様だけにご提供致します。

JBM eカタログについて詳しくは、こちらをご覧下さい。


JBM eカタログブラウザ

その他の機能

JBM Updater
JBM UpdaterはOCTOPUZ JBMパワーパックのバージョン管理を行います。
お使いの環境にインストールされているOCTOPUZ JBMパワーパックやOCTOPUZ日本語ランゲージの最新版を常にチェックし、必要であればダウンロードからアップデートまで自動で行われます。

 

OCTOPUZ Sync
OctpathViewで行った作業はワンクリックでOCTOPUZへ同期します。

 

APT/JOZ/oPack/NCデータインポート
APTデータにはCAMによって相違があり、OCTOPUZ標準では読み込む事が困難なAPTデータでも読み込む事ができます。

 

溶接用JIP-FLD/CLDデータインポート
溶接業界で使用されているFLD/CLDデータの読み込みに対応しています。 (OctpathView)

 

Plugin拡張機能
Pythonによる拡張機能が作成できます。現在お使いのシステムで使用されているデータを有効活用できます。(OctpathView)

 

 


※JBM eカタログをお使いいただくためにはOCTOPUZ Ver2.0以降とインターネット接続環境が必要です。
※JBM eカタログに掲載されているコンポーネントについては弊社までお問い合わせ下さい。


製品情報へ戻る