圧倒的なコスト削減効果を実感できます。

ライン停止時間の極小化

従来はラインを停止し、ロボットを操作しながら動作の登録を行う必要があったため、2日程度の生産ロスが生まれていました。停止するからロスが生まれる。だからオフラインティーチングを使うとロボットを停止させず、次々とデータ作成が可能。停止時間はデータ転送と調整と試運転なので停止時間が減ります。

CAMデータの活用

CAMのツールパスデータを取り込み、ティーチングに利用できます。塗装、バリ取り、溶接のティーチングにおいて威力を発揮します。

ティーチングマン委託コスト削減

熟練のティーチングマンへの委託コストは悩みの種です。ティーチング時間やラインシフトの調整といった負担から開放され、ティーチングの内製化を実現します。

現場で発生する問題解決の近道は?
その答えは「OCTOPUZ」シミュレーションです。

ロボットコード作成における問題点の一つに、ワークレイアウトがあげられます。
今までは「経験」と「勘」を頼りにワークレイアウトを行ってきたので、不都合が発生すれば「設計作業への差し戻し」が発生し、貴重な時間のロスが発生していました。

設計作業への差し戻し防止

OCTOPUZシミュレーションを使えば、ロボットコードの開始から終了までロボットが問題なく動作するワークレイアウトを探す事が可能になり、現場で発生する「設計作業への差し戻し」問題が解決します。

シミュレーションで事前把握

更に現場ではオフラインティーチングが担うロボット動作以外の「様々な個所」で「様々な問題」が発生し、その都度貴重な時間をロスしてきました。
OCTOPUZシミュレーションを使えば、その問題点を事前に確認できるので、現場で発生するロスタイムを削減することができます。

この設計、成果をどうすれば伝えられるのか?
その答えは「OCTOPUZ 3D PDF」です。

ニーズに応じて今まで培ったノウハウを振り絞り、集大成したセル設計。
完成後の次の作業、それはその思いをどのように伝えるのか!ということです。

画面上のシミュレーションをそのまま動画に

図面だけではなかなかその思いが伝わらず、時間をかけて数百MBの動画を作成しても「角度が悪い!」「ここはズームしたい!」「ここはもう少し時間をかけて見たい!」等々要望は尽きません。
OCTOPUZ 3D PDFなら、画面上のシミュレーションがそのまま、動画ファイルサイズ約1/100の3D PDFに変換できるので、動画作成につきもののシナリオ作成、録画作業、編集作業等の時間を大幅に削減できます。

ファイルサイズは約100分の1

動画ファイルの約1/100以下のサイズなので、大容量ファイルの転送に気を使う事無く、メールでの添付送信も可能になり、拡縮、移動、回転は再生する方ご自身のマウス操作で自由自在に行えます。

生産性を向上させるロボティクスアプリケーション
拡大する用途と可能性

製造・搬送
バリ取り
ミーリング
アーク溶接
スポット溶接

導入への不安を解消するサポート

お客様の製品 ⁄ サービス領域

金属加工 ⁄ 木材加工 ⁄ 石材加工 ⁄ ガラス加工 ⁄ 食品加工 ⁄ 物流分野

ロボット活用の検討

ヒアリングからデモまで、ご相談はこちら

導入までのサポート

導入後サポート

活用支援、オンサイトトレーニング、ソフトウェア保守、オンラインサポート等幅広くサポート致します。

OCTOPUZは皆様とともに生産性の向上に挑む覚悟です。

資料請求・お問い合わせ

販売代理店